おかしいな?と思い始めて

脱腸が痛い! 2009年4月25日

こんにちは、脱腸35歳です。

今日は、仕事外で参加している研究会のメンバーを、自宅に呼び、会議&食事会です。
13時から始めた会議は、夕方にはなんとか形になり、17時頃から酒宴のスタートです。

こことは別に「目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記」というブログを起こしているだけあり、
酒にはこだわり、いろいろふるまいさせて頂きました。
また、元来食べることも大好きで、酒が入ると加速します。
思いっきり酒飲みながら、食べました。

研究会メンバーは流石に大人で、20時頃にはもう帰ると言いだし、帰ってしまいました。
しこたま呑んでることもあり、そのまま眠ってしまいました。

・・・・・・痛い。
いわゆるそけい部が痛い。
いつもは、指で押したら戻るのに、戻らない。
しかも、なんか締め付けられるようで、痛い。
ひょっとして、脱腸!が進行した?

さらに、食べすぎなのか、胃も重たいし気持ち悪い。
そんな感じで、布団に入っても眠れないし、トイレに行って出てきた部分を戻そうと試みるのですが、全然もどりません。
無理やり力任せでやるのですが、通じず、胃の重さとそけい部のさらなる痛みと重なって、ますます苦しくなるばっかりでした・・・。

苦しみから解放されたのは、夜中の3時半くらいでしょうか。
7〜8回目くらいのトイレで、ダメ元で押し上げてみたら、 ぐにゅるるぅぅ という奇妙な感覚と共に、内臓が動いたような感覚がしました。
同時に、そけい部の膨らみと痛みはなくなりましたが、これがこのまま続くとなると、不安で仕方がなかったです。
いつ、病院に行こうか?と真剣に考え始めたころでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸を調べまくって 2009年4月同じく上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸そけいヘルニアについて、いろいろネットで調べまくったのもこの時期です。

ヘルニアというと、どうしても椎間板ヘルニアが有名で、「腰の病気か?」と思ってしまいますが、ヘルニアとは、「飛び出す」とか「はみ出る」という意味らしい。
つまり、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
そけいヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腸の一部が足の付け根の皮膚の下に出てくる病気とのこと。
どうやら、下腹部から足の付け根(そけい部)の組織が脆弱になり、その部分から腸が袋状に飛び出るらしい。
そのまま、いろいろなサイトを読み進め、脱腸そけいヘルニア が手術以外では治療できないことを知ります。

手術! いくら良性の病気とはいえ、手術は怖いなぁ、と経験のない私は腰が引け気味です。
いろんな病院が様々な内容の情報を発信しているので、さらに読んでいくと・・・
病状の進行状況や、術式、入院期間など、いろんなパターンがあるようです。
中には日帰り手術という病院もあり、自宅近所の外科でそれをやっているようです。
まず、診察するならここやな・・・と思いました。

しかし、まだそんなに症状が進行しているわけでもなく、危機感はありませんでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸?ちょっと痛い 2009年4月上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

ひょっとしたら、脱腸かもしれんなぁ・・・と前々から思っていたのですが、この頃からそけい部(左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の中央にある三角形状の部分。)が少し大きくなって来だしました。
立った時とか、腹に力を入れた時に、そけい部がなんとなく膨らむんです。
面白いことに、今までは指で押さえると引っ込んでいたので、あまり真剣に考えていませんでした。
でも、最近は、膨らむまでの時間が短くなってきた上に、前と比べて明らかに大きくなっているので、段々と不安になってきたのがこの頃です。

脱腸という言葉は普通に知っていたのですが、私の状況がそれとは夢にも思いませんでした。
でも、状況が良くなることはないので、不安はつのるばかり。
ネットで状況を調べているうちに、脱腸そけいヘルニア という言葉にであったのもこのころでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸?ちょっと痛い 2009年4月上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

ひょっとしたら、脱腸かもしれんなぁ・・・と前々から思っていたのですが、この頃からそけい部(左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の中央にある三角形状の部分。)が少し大きくなって来だしました。
立った時とか、腹に力を入れた時に、そけい部がなんとなく膨らむんです。
面白いことに、今までは指で押さえると引っ込んでいたので、あまり真剣に考えていませんでした。
でも、最近は、膨らむまでの時間が短くなってきた上に、前と比べて明らかに大きくなっているので、段々と不安になってきたのがこの頃です。

脱腸という言葉は普通に知っていたのですが、私の状況がそれとは夢にも思いませんでした。
でも、状況が良くなることはないので、不安はつのるばかり。
ネットで状況を調べているうちに、脱腸そけいヘルニア という言葉にであったのもこのころでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸が痛い! 2009年4月25日

こんにちは、脱腸35歳です。

今日は、仕事外で参加している研究会のメンバーを、自宅に呼び、会議&食事会です。
13時から始めた会議は、夕方にはなんとか形になり、17時頃から酒宴のスタートです。

こことは別に「目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記」というブログを起こしているだけあり、
酒にはこだわり、いろいろふるまいさせて頂きました。
また、元来食べることも大好きで、酒が入ると加速します。
思いっきり酒飲みながら、食べました。

研究会メンバーは流石に大人で、20時頃にはもう帰ると言いだし、帰ってしまいました。
しこたま呑んでることもあり、そのまま眠ってしまいました。

・・・・・・痛い。
いわゆるそけい部が痛い。
いつもは、指で押したら戻るのに、戻らない。
しかも、なんか締め付けられるようで、痛い。
ひょっとして、脱腸!が進行した?

さらに、食べすぎなのか、胃も重たいし気持ち悪い。
そんな感じで、布団に入っても眠れないし、トイレに行って出てきた部分を戻そうと試みるのですが、全然もどりません。
無理やり力任せでやるのですが、通じず、胃の重さとそけい部のさらなる痛みと重なって、ますます苦しくなるばっかりでした・・・。

苦しみから解放されたのは、夜中の3時半くらいでしょうか。
7〜8回目くらいのトイレで、ダメ元で押し上げてみたら、 ぐにゅるるぅぅ という奇妙な感覚と共に、内臓が動いたような感覚がしました。
同時に、そけい部の膨らみと痛みはなくなりましたが、これがこのまま続くとなると、不安で仕方がなかったです。
いつ、病院に行こうか?と真剣に考え始めたころでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸を調べまくって 2009年4月同じく上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸そけいヘルニアについて、いろいろネットで調べまくったのもこの時期です。

ヘルニアというと、どうしても椎間板ヘルニアが有名で、「腰の病気か?」と思ってしまいますが、ヘルニアとは、「飛び出す」とか「はみ出る」という意味らしい。
つまり、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
そけいヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腸の一部が足の付け根の皮膚の下に出てくる病気とのこと。
どうやら、下腹部から足の付け根(そけい部)の組織が脆弱になり、その部分から腸が袋状に飛び出るらしい。
そのまま、いろいろなサイトを読み進め、脱腸そけいヘルニア が手術以外では治療できないことを知ります。

手術! いくら良性の病気とはいえ、手術は怖いなぁ、と経験のない私は腰が引け気味です。
いろんな病院が様々な内容の情報を発信しているので、さらに読んでいくと・・・
病状の進行状況や、術式、入院期間など、いろんなパターンがあるようです。
中には日帰り手術という病院もあり、自宅近所の外科でそれをやっているようです。
まず、診察するならここやな・・・と思いました。

しかし、まだそんなに症状が進行しているわけでもなく、危機感はありませんでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸?ちょっと痛い 2009年4月上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

ひょっとしたら、脱腸かもしれんなぁ・・・と前々から思っていたのですが、この頃からそけい部(左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の中央にある三角形状の部分。)が少し大きくなって来だしました。
立った時とか、腹に力を入れた時に、そけい部がなんとなく膨らむんです。
面白いことに、今までは指で押さえると引っ込んでいたので、あまり真剣に考えていませんでした。
でも、最近は、膨らむまでの時間が短くなってきた上に、前と比べて明らかに大きくなっているので、段々と不安になってきたのがこの頃です。

脱腸という言葉は普通に知っていたのですが、私の状況がそれとは夢にも思いませんでした。
でも、状況が良くなることはないので、不安はつのるばかり。
ネットで状況を調べているうちに、脱腸そけいヘルニア という言葉にであったのもこのころでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸?ちょっと痛い 2009年4月上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

ひょっとしたら、脱腸かもしれんなぁ・・・と前々から思っていたのですが、この頃からそけい部(左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の中央にある三角形状の部分。)が少し大きくなって来だしました。
立った時とか、腹に力を入れた時に、そけい部がなんとなく膨らむんです。
面白いことに、今までは指で押さえると引っ込んでいたので、あまり真剣に考えていませんでした。
でも、最近は、膨らむまでの時間が短くなってきた上に、前と比べて明らかに大きくなっているので、段々と不安になってきたのがこの頃です。

脱腸という言葉は普通に知っていたのですが、私の状況がそれとは夢にも思いませんでした。
でも、状況が良くなることはないので、不安はつのるばかり。
ネットで状況を調べているうちに、脱腸そけいヘルニア という言葉にであったのもこのころでした。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。