脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

脱腸-そけいヘルニア  日帰り手術当日 尿道カテーテルがツライ!

こんにちは、脱腸35歳です。

2009年5月21日 脱腸日帰り手術当日です。

手術台からベットに運ばれてからが、一番苦しい時でした。
手術は全身麻酔のためか、ほんと全く意識がありません。
気がついたのも、看護師さんの私を呼ぶ声ですし、それまではなんにも覚えておりません。
手術が終了したのが、朝9時くらい。
ちょうど、一般診察が始まる時間くらいに終了したって感じですね。
手術を担当した医師は、今度は外来の診察に向かっているという次第です。

あっ、そういえばそけい部の手術なので、完全に剃毛されると思っていました。
子供のようにつるつるになるかと・・・。
でも、一部を剃ったのみでした。
右半分を剃毛です。
なんか、つるつるになるよりも、逆に卑猥で恥ずかしい感じがしました。
また、剃り方が下手だったようで、若干、手術の傷ではない、カミソリ後の傷なんかもできてました・・・。

さて、ベッドに移動してからは、麻酔が順調に抜けているかどうか、またあらゆる器官が弛緩しているので、元通りの機能に戻るかどうかをチェックされます。
その間、尿道にカテーテルが入りっぱなし!
6時間くらいで、尿道からカテーテルは抜けますよ、ということでした。

しかし、尿道カテーテルは初めての体験で、感想としては、二度とやりたくないです。
だって、ずっと尿意がしてるのに、まともにおしっこが出ない! そんな感覚が入れてる間ずっと続いてるの。
しかも、まだ麻酔で朦朧としているので、なんかお漏らししたような錯覚に陥るんですよね、これが。
そんな朦朧とした中から、一日かけて麻酔を抜いて、体調を戻していく作業に入ります・・・。

脱腸バンド!? こんなのあったんだ

脱腸バンド! 使えるのかこれ?

「タイヨー脱腸帯片側E号大人用」は脱腸のための装着医療用具です。一般的に多いそけい部ヘルニア左側、右側に脱出する場合に装着します。特殊三角形押圧球により、患部を安全に包み込むように押圧し、三方向から均等の力が加わるため運動をしても腸がはみ出したり位置がずれたりすることはありません。腰帯、股帯は天然ゴム配合によるもので柔軟、弾力性があります。子供の肌も傷めずご使用になる方の体格や姿勢にもフィット(適合)します。汚れても石鹸水で拭くだけで、きれいな状態でお使いになれます。脱腸治療はいつも

内容量:1枚
医療用具許可番号:13BZ1811
サイズ:腰廻85cm迄


タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人用

タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人

¥9,250(税込)

【商品説明文】「タイヨー脱腸帯片側E号大人用」は脱腸のための装着医療用具です。一般的に多いそけい部ヘルニア左側、右側に脱出する場合に装着します。特殊三角形押圧球により、患部を安全に包み込むように押圧し、三方向から均等の力が加わるため運動をしても腸がはみ出したり…

拡大画像を見る
タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人用タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人用をカートに入れる

脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

脱腸-そけいヘルニア  日帰り手術当日 あっという間

こんにちは、脱腸35歳です。

「脱腸35歳さん、ゝ 」

と私を呼ぶ声がします。
同時に、めちゃくちゃ息苦しい。
それもそのはず、私の口から肺にかけてチューブが挿入されていて、異物感充満。
呼吸が苦しくて、目を覚ましたような感じでした。

「はーい、がんばりましたね〜」
と医者と看護師さんの言葉に、だんだん意識がはっきりしてきます。
と、同時に、ごっつい倦怠感。
身体全体が自分の体ではないようで、全く動きません。
そうこうしているうちに、口から入っているチューブは抜き取られ、自分で呼吸をすることに。

このチューブ、全身麻酔中は自分で呼吸もできなくなるので、空気を送り込むためのものだとか。
抜き取られてから、しばらく異物感が抜けずゲホゴホしていました。

「大丈夫ですよ〜、無事手術は終了しました〜」
との言葉に、一番心配だったのは脱糞という、ちょっと情けない話。
浣腸してもらったのですが、どうもあまり我慢できた自信がなく、なんかまだ出足りないような感じがのこっていたので、手術中に出ていないか、それが一番心配でした。

しかも、今回、ソケイ部の手術のため、下半身も自分のものではないようで、なんとなく残尿感のようなものが下半身に渦巻いていました。
(後からわかったのですが、それは、膀胱にさしてあったカテーテルのせいでした。)

まだ、自由自在とは言えない口で、お漏らしはなかったかと聞くと、一応、脱糞はなかったとのこと。
ひと安心です。
しかし、手術中の記憶は全くありません。
あっという間の出来事でした。

その後、手術台からベッドに運んでもらいました。

脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

脱腸-そけいヘルニア  日帰り手術当日 尿道カテーテルがツライ!

こんにちは、脱腸35歳です。

2009年5月21日 脱腸日帰り手術当日です。

手術台からベットに運ばれてからが、一番苦しい時でした。
手術は全身麻酔のためか、ほんと全く意識がありません。
気がついたのも、看護師さんの私を呼ぶ声ですし、それまではなんにも覚えておりません。
手術が終了したのが、朝9時くらい。
ちょうど、一般診察が始まる時間くらいに終了したって感じですね。
手術を担当した医師は、今度は外来の診察に向かっているという次第です。

あっ、そういえばそけい部の手術なので、完全に剃毛されると思っていました。
子供のようにつるつるになるかと・・・。
でも、一部を剃ったのみでした。
右半分を剃毛です。
なんか、つるつるになるよりも、逆に卑猥で恥ずかしい感じがしました。
また、剃り方が下手だったようで、若干、手術の傷ではない、カミソリ後の傷なんかもできてました・・・。

さて、ベッドに移動してからは、麻酔が順調に抜けているかどうか、またあらゆる器官が弛緩しているので、元通りの機能に戻るかどうかをチェックされます。
その間、尿道にカテーテルが入りっぱなし!
6時間くらいで、尿道からカテーテルは抜けますよ、ということでした。

しかし、尿道カテーテルは初めての体験で、感想としては、二度とやりたくないです。
だって、ずっと尿意がしてるのに、まともにおしっこが出ない! そんな感覚が入れてる間ずっと続いてるの。
しかも、まだ麻酔で朦朧としているので、なんかお漏らししたような錯覚に陥るんですよね、これが。
そんな朦朧とした中から、一日かけて麻酔を抜いて、体調を戻していく作業に入ります・・・。

脱腸バンド!? こんなのあったんだ

脱腸バンド! 使えるのかこれ?

「タイヨー脱腸帯片側E号大人用」は脱腸のための装着医療用具です。一般的に多いそけい部ヘルニア左側、右側に脱出する場合に装着します。特殊三角形押圧球により、患部を安全に包み込むように押圧し、三方向から均等の力が加わるため運動をしても腸がはみ出したり位置がずれたりすることはありません。腰帯、股帯は天然ゴム配合によるもので柔軟、弾力性があります。子供の肌も傷めずご使用になる方の体格や姿勢にもフィット(適合)します。汚れても石鹸水で拭くだけで、きれいな状態でお使いになれます。脱腸治療はいつも

内容量:1枚
医療用具許可番号:13BZ1811
サイズ:腰廻85cm迄


タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人用

タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人

¥9,250(税込)

【商品説明文】「タイヨー脱腸帯片側E号大人用」は脱腸のための装着医療用具です。一般的に多いそけい部ヘルニア左側、右側に脱出する場合に装着します。特殊三角形押圧球により、患部を安全に包み込むように押圧し、三方向から均等の力が加わるため運動をしても腸がはみ出したり…

拡大画像を見る
タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人用タイヨー脱腸帯 片側 E号 大人用をカートに入れる

脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

脱腸-そけいヘルニア  日帰り手術当日 あっという間

こんにちは、脱腸35歳です。

「脱腸35歳さん、ゝ 」

と私を呼ぶ声がします。
同時に、めちゃくちゃ息苦しい。
それもそのはず、私の口から肺にかけてチューブが挿入されていて、異物感充満。
呼吸が苦しくて、目を覚ましたような感じでした。

「はーい、がんばりましたね〜」
と医者と看護師さんの言葉に、だんだん意識がはっきりしてきます。
と、同時に、ごっつい倦怠感。
身体全体が自分の体ではないようで、全く動きません。
そうこうしているうちに、口から入っているチューブは抜き取られ、自分で呼吸をすることに。

このチューブ、全身麻酔中は自分で呼吸もできなくなるので、空気を送り込むためのものだとか。
抜き取られてから、しばらく異物感が抜けずゲホゴホしていました。

「大丈夫ですよ〜、無事手術は終了しました〜」
との言葉に、一番心配だったのは脱糞という、ちょっと情けない話。
浣腸してもらったのですが、どうもあまり我慢できた自信がなく、なんかまだ出足りないような感じがのこっていたので、手術中に出ていないか、それが一番心配でした。

しかも、今回、ソケイ部の手術のため、下半身も自分のものではないようで、なんとなく残尿感のようなものが下半身に渦巻いていました。
(後からわかったのですが、それは、膀胱にさしてあったカテーテルのせいでした。)

まだ、自由自在とは言えない口で、お漏らしはなかったかと聞くと、一応、脱糞はなかったとのこと。
ひと安心です。
しかし、手術中の記憶は全くありません。
あっという間の出来事でした。

その後、手術台からベッドに運んでもらいました。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。