脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

脱腸-そけいヘルニア  日帰り手術当日 あっという間

こんにちは、脱腸35歳です。

「脱腸35歳さん、ゝ 」

と私を呼ぶ声がします。
同時に、めちゃくちゃ息苦しい。
それもそのはず、私の口から肺にかけてチューブが挿入されていて、異物感充満。
呼吸が苦しくて、目を覚ましたような感じでした。

「はーい、がんばりましたね〜」
と医者と看護師さんの言葉に、だんだん意識がはっきりしてきます。
と、同時に、ごっつい倦怠感。
身体全体が自分の体ではないようで、全く動きません。
そうこうしているうちに、口から入っているチューブは抜き取られ、自分で呼吸をすることに。

このチューブ、全身麻酔中は自分で呼吸もできなくなるので、空気を送り込むためのものだとか。
抜き取られてから、しばらく異物感が抜けずゲホゴホしていました。

「大丈夫ですよ〜、無事手術は終了しました〜」
との言葉に、一番心配だったのは脱糞という、ちょっと情けない話。
浣腸してもらったのですが、どうもあまり我慢できた自信がなく、なんかまだ出足りないような感じがのこっていたので、手術中に出ていないか、それが一番心配でした。

しかも、今回、ソケイ部の手術のため、下半身も自分のものではないようで、なんとなく残尿感のようなものが下半身に渦巻いていました。
(後からわかったのですが、それは、膀胱にさしてあったカテーテルのせいでした。)

まだ、自由自在とは言えない口で、お漏らしはなかったかと聞くと、一応、脱糞はなかったとのこと。
ひと安心です。
しかし、手術中の記憶は全くありません。
あっという間の出来事でした。

その後、手術台からベッドに運んでもらいました。

脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

脱腸-そけいヘルニア  日帰り手術当日 あっという間

こんにちは、脱腸35歳です。

「脱腸35歳さん、ゝ 」

と私を呼ぶ声がします。
同時に、めちゃくちゃ息苦しい。
それもそのはず、私の口から肺にかけてチューブが挿入されていて、異物感充満。
呼吸が苦しくて、目を覚ましたような感じでした。

「はーい、がんばりましたね〜」
と医者と看護師さんの言葉に、だんだん意識がはっきりしてきます。
と、同時に、ごっつい倦怠感。
身体全体が自分の体ではないようで、全く動きません。
そうこうしているうちに、口から入っているチューブは抜き取られ、自分で呼吸をすることに。

このチューブ、全身麻酔中は自分で呼吸もできなくなるので、空気を送り込むためのものだとか。
抜き取られてから、しばらく異物感が抜けずゲホゴホしていました。

「大丈夫ですよ〜、無事手術は終了しました〜」
との言葉に、一番心配だったのは脱糞という、ちょっと情けない話。
浣腸してもらったのですが、どうもあまり我慢できた自信がなく、なんかまだ出足りないような感じがのこっていたので、手術中に出ていないか、それが一番心配でした。

しかも、今回、ソケイ部の手術のため、下半身も自分のものではないようで、なんとなく残尿感のようなものが下半身に渦巻いていました。
(後からわかったのですが、それは、膀胱にさしてあったカテーテルのせいでした。)

まだ、自由自在とは言えない口で、お漏らしはなかったかと聞くと、一応、脱糞はなかったとのこと。
ひと安心です。
しかし、手術中の記憶は全くありません。
あっという間の出来事でした。

その後、手術台からベッドに運んでもらいました。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。