脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

尿道カテーテルとの別れ

2009年5月21日、脱腸日帰り手術後、まだベットの上です。


だんだんと麻酔も抜けてきたのか、次第に意識もはっきりしてきます。
それと同時に目を開いている時間も多くなってきました。
まだまだ、頭がボーっとしている感じではあるのですが、次第に意識ははっきりしてきています。

水もどんどん飲んでいますので、何度目かの看護師さんが来たとき
「そろそろ尿道カテーテルを抜きましょう」
と、天使のようなお言葉。

ベッドに左を下にして横臥します。
「はい、息をすぅぅ〜っと吐いてくださーい」
と同時に、かなりの長さの管が尿道からでてきました。
ずるずるずるっというような音が聞こえたような気がします。


あー、せいせいした。
これで、後は自力で排尿と排泄が出来るようになれば、麻酔はほぼ抜けたと言われる状態になるとのことです。


違和感がなくなったことで、やっぱり切ったところが少し痛みを感じてきました。
というよりも、かなり突っ張ったような感覚がします。
まだ、普通に立つことが出来なかったですね。
ここまでで、午後2時くらい。
排尿までもう少しかかります。


脱腸-そけいヘルニア 日帰り手術当日

尿道カテーテルとの別れ

2009年5月21日、脱腸日帰り手術後、まだベットの上です。


だんだんと麻酔も抜けてきたのか、次第に意識もはっきりしてきます。
それと同時に目を開いている時間も多くなってきました。
まだまだ、頭がボーっとしている感じではあるのですが、次第に意識ははっきりしてきています。

水もどんどん飲んでいますので、何度目かの看護師さんが来たとき
「そろそろ尿道カテーテルを抜きましょう」
と、天使のようなお言葉。

ベッドに左を下にして横臥します。
「はい、息をすぅぅ〜っと吐いてくださーい」
と同時に、かなりの長さの管が尿道からでてきました。
ずるずるずるっというような音が聞こえたような気がします。


あー、せいせいした。
これで、後は自力で排尿と排泄が出来るようになれば、麻酔はほぼ抜けたと言われる状態になるとのことです。


違和感がなくなったことで、やっぱり切ったところが少し痛みを感じてきました。
というよりも、かなり突っ張ったような感覚がします。
まだ、普通に立つことが出来なかったですね。
ここまでで、午後2時くらい。
排尿までもう少しかかります。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。