おかしいな?と思い始めて

脱腸診察の流れ-病院から返信あり 2009年5月7日

こんにちは、脱腸35歳です。

GW中に、脱腸-そけいヘルニアかも・・・と相談のメールを送った、「森本クリニック」よりお返事が返ってきました。

以下
進行状況によってですが、当院でそけいヘルニアの日帰り手術を行っております。
まずは、診察を行った上で、CTスキャン設備のある映像専門のクリニックで、CT撮影を行います。
2〜3日で画像が当院に届きますので、それを見て日帰り手術か別病院で手術かを判断することになります。
脱腸-そけいヘルニアは手術でしか治せませんので、一度ご来院ください。


というような内容で、(原文削除してしもたぁ・・・)返事がありました。
う〜ん、脱腸日帰り手術ができるかどうかは、まずは診察してみないとわからないのか・・・。
いずれにしても、あまり遠いところでの脱腸手術となると相方にも負担をかけるし、まずはやっぱり診察行かんとあかんよね。

森本クリニック」は規模の小さい開業医のようですが、ホームページもしっかりしていて、問い合わせの返答も誠実に対応頂けてるので、診察はやっぱりココに決めました。
明日! 行くぞ!

おかしいな?と思い始めて

脱腸-そけいヘルニアをもう一回調べまくって 2009年GW

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸の状態、もう、待ったなしです。
GW中に病院調べて、休み明けたら速攻で脱腸診察に行こうと思っておりました。
基本は、以前から目をつけていた、自宅から徒歩5分 「森本クリニック
グーグル検索で、脱腸・代田橋 でヒットしました。

この病院では、クーゲル法というパッチ修復法で、そけい管を全く開放せず最も腹膜に近い部分に補強材(メッシュ)を挿入する手術法を採用しているとのこと。
そのため、3cm程の小さなメス入れのため、日帰り手術が可能とのこと。
そういえば、8年くらい前に友人が同じく、脱腸手術をしたときに、1週間くらい入院していたことがあったなぁ・・・。
それから比べたら、日帰りで手術ができるってことは、医学も進歩したのかな。

森本クリニックのホームページには、質問・相談のメールフォームがあったので、
脱腸-そけいヘルニアみたいです。森本クリニック様では、診察から手術の流れはどのようになりますか?
と質問をしつつ、脱腸-そけいヘルニアの症状などについて、さらに調べまくった次第でした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸の痛み再び! 2009年5月2日

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸の診察にいつ行こうかなぁ?と真剣に考え出した前回ですが、GW前ということもあり、いろんなイベント目白押しなので、具体的に日程を決めたりはしていませんでした。
そして、GW一番最初のイベントとして、自宅に会社のメンバーを集めて、串カツパーティー!

ちょっと大きめのベランダに、食卓と電気フライヤーをセット。
その場で揚げながら、みんなで食します。
プラス酒呑みの私から、いろんなビールや日本酒・焼酎と目白押しで、胃の許容量をオーバーして食べまくりましたぁ!


食べてる最中にもなんとなく気づいていたのですが、どうやらまたそけい部が下がってきました。
その都度、元の位置に上げようと押さえるのですが、胃・腸ともに許容量いっぱいなので、戻りません・・・。
幸い、締め付けはないので、痛みはないのですが、なんか下がりっぱなしで嫌な感じです。
(このあたり、脱腸仲間でないとわかんないよなぁ、この感覚)

結局この日も、夜トイレに何度も起きて、を戻そう戻そうとするのですが、なかなか戻りません。
しかも、横になると締め付けられるような感じで、段々と痛くなってくるんですわ!
深夜3時半くらいでしょうか?
先日と同じ感覚で、やっと押し戻すことができました!

しかし、そのあとのおなかの調子の気持ち悪いこと。
脱腸の病状は進行しているのかも?
GW初日ですが、休み明けたら、すぐに病院に行こう!と決意した日でした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸が痛い! 2009年4月25日

こんにちは、脱腸35歳です。

今日は、仕事外で参加している研究会のメンバーを、自宅に呼び、会議&食事会です。
13時から始めた会議は、夕方にはなんとか形になり、17時頃から酒宴のスタートです。

こことは別に「目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記」というブログを起こしているだけあり、
酒にはこだわり、いろいろふるまいさせて頂きました。
また、元来食べることも大好きで、酒が入ると加速します。
思いっきり酒飲みながら、食べました。

研究会メンバーは流石に大人で、20時頃にはもう帰ると言いだし、帰ってしまいました。
しこたま呑んでることもあり、そのまま眠ってしまいました。

・・・・・・痛い。
いわゆるそけい部が痛い。
いつもは、指で押したら戻るのに、戻らない。
しかも、なんか締め付けられるようで、痛い。
ひょっとして、脱腸!が進行した?

さらに、食べすぎなのか、胃も重たいし気持ち悪い。
そんな感じで、布団に入っても眠れないし、トイレに行って出てきた部分を戻そうと試みるのですが、全然もどりません。
無理やり力任せでやるのですが、通じず、胃の重さとそけい部のさらなる痛みと重なって、ますます苦しくなるばっかりでした・・・。

苦しみから解放されたのは、夜中の3時半くらいでしょうか。
7〜8回目くらいのトイレで、ダメ元で押し上げてみたら、 ぐにゅるるぅぅ という奇妙な感覚と共に、内臓が動いたような感覚がしました。
同時に、そけい部の膨らみと痛みはなくなりましたが、これがこのまま続くとなると、不安で仕方がなかったです。
いつ、病院に行こうか?と真剣に考え始めたころでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸を調べまくって 2009年4月同じく上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸そけいヘルニアについて、いろいろネットで調べまくったのもこの時期です。

ヘルニアというと、どうしても椎間板ヘルニアが有名で、「腰の病気か?」と思ってしまいますが、ヘルニアとは、「飛び出す」とか「はみ出る」という意味らしい。
つまり、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
そけいヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腸の一部が足の付け根の皮膚の下に出てくる病気とのこと。
どうやら、下腹部から足の付け根(そけい部)の組織が脆弱になり、その部分から腸が袋状に飛び出るらしい。
そのまま、いろいろなサイトを読み進め、脱腸そけいヘルニア が手術以外では治療できないことを知ります。

手術! いくら良性の病気とはいえ、手術は怖いなぁ、と経験のない私は腰が引け気味です。
いろんな病院が様々な内容の情報を発信しているので、さらに読んでいくと・・・
病状の進行状況や、術式、入院期間など、いろんなパターンがあるようです。
中には日帰り手術という病院もあり、自宅近所の外科でそれをやっているようです。
まず、診察するならここやな・・・と思いました。

しかし、まだそんなに症状が進行しているわけでもなく、危機感はありませんでした。

1 2 >>

おかしいな?と思い始めて

脱腸診察の流れ-病院から返信あり 2009年5月7日

こんにちは、脱腸35歳です。

GW中に、脱腸-そけいヘルニアかも・・・と相談のメールを送った、「森本クリニック」よりお返事が返ってきました。

以下
進行状況によってですが、当院でそけいヘルニアの日帰り手術を行っております。
まずは、診察を行った上で、CTスキャン設備のある映像専門のクリニックで、CT撮影を行います。
2〜3日で画像が当院に届きますので、それを見て日帰り手術か別病院で手術かを判断することになります。
脱腸-そけいヘルニアは手術でしか治せませんので、一度ご来院ください。


というような内容で、(原文削除してしもたぁ・・・)返事がありました。
う〜ん、脱腸日帰り手術ができるかどうかは、まずは診察してみないとわからないのか・・・。
いずれにしても、あまり遠いところでの脱腸手術となると相方にも負担をかけるし、まずはやっぱり診察行かんとあかんよね。

森本クリニック」は規模の小さい開業医のようですが、ホームページもしっかりしていて、問い合わせの返答も誠実に対応頂けてるので、診察はやっぱりココに決めました。
明日! 行くぞ!

おかしいな?と思い始めて

脱腸-そけいヘルニアをもう一回調べまくって 2009年GW

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸の状態、もう、待ったなしです。
GW中に病院調べて、休み明けたら速攻で脱腸診察に行こうと思っておりました。
基本は、以前から目をつけていた、自宅から徒歩5分 「森本クリニック
グーグル検索で、脱腸・代田橋 でヒットしました。

この病院では、クーゲル法というパッチ修復法で、そけい管を全く開放せず最も腹膜に近い部分に補強材(メッシュ)を挿入する手術法を採用しているとのこと。
そのため、3cm程の小さなメス入れのため、日帰り手術が可能とのこと。
そういえば、8年くらい前に友人が同じく、脱腸手術をしたときに、1週間くらい入院していたことがあったなぁ・・・。
それから比べたら、日帰りで手術ができるってことは、医学も進歩したのかな。

森本クリニックのホームページには、質問・相談のメールフォームがあったので、
脱腸-そけいヘルニアみたいです。森本クリニック様では、診察から手術の流れはどのようになりますか?
と質問をしつつ、脱腸-そけいヘルニアの症状などについて、さらに調べまくった次第でした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸の痛み再び! 2009年5月2日

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸の診察にいつ行こうかなぁ?と真剣に考え出した前回ですが、GW前ということもあり、いろんなイベント目白押しなので、具体的に日程を決めたりはしていませんでした。
そして、GW一番最初のイベントとして、自宅に会社のメンバーを集めて、串カツパーティー!

ちょっと大きめのベランダに、食卓と電気フライヤーをセット。
その場で揚げながら、みんなで食します。
プラス酒呑みの私から、いろんなビールや日本酒・焼酎と目白押しで、胃の許容量をオーバーして食べまくりましたぁ!


食べてる最中にもなんとなく気づいていたのですが、どうやらまたそけい部が下がってきました。
その都度、元の位置に上げようと押さえるのですが、胃・腸ともに許容量いっぱいなので、戻りません・・・。
幸い、締め付けはないので、痛みはないのですが、なんか下がりっぱなしで嫌な感じです。
(このあたり、脱腸仲間でないとわかんないよなぁ、この感覚)

結局この日も、夜トイレに何度も起きて、を戻そう戻そうとするのですが、なかなか戻りません。
しかも、横になると締め付けられるような感じで、段々と痛くなってくるんですわ!
深夜3時半くらいでしょうか?
先日と同じ感覚で、やっと押し戻すことができました!

しかし、そのあとのおなかの調子の気持ち悪いこと。
脱腸の病状は進行しているのかも?
GW初日ですが、休み明けたら、すぐに病院に行こう!と決意した日でした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸が痛い! 2009年4月25日

こんにちは、脱腸35歳です。

今日は、仕事外で参加している研究会のメンバーを、自宅に呼び、会議&食事会です。
13時から始めた会議は、夕方にはなんとか形になり、17時頃から酒宴のスタートです。

こことは別に「目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記」というブログを起こしているだけあり、
酒にはこだわり、いろいろふるまいさせて頂きました。
また、元来食べることも大好きで、酒が入ると加速します。
思いっきり酒飲みながら、食べました。

研究会メンバーは流石に大人で、20時頃にはもう帰ると言いだし、帰ってしまいました。
しこたま呑んでることもあり、そのまま眠ってしまいました。

・・・・・・痛い。
いわゆるそけい部が痛い。
いつもは、指で押したら戻るのに、戻らない。
しかも、なんか締め付けられるようで、痛い。
ひょっとして、脱腸!が進行した?

さらに、食べすぎなのか、胃も重たいし気持ち悪い。
そんな感じで、布団に入っても眠れないし、トイレに行って出てきた部分を戻そうと試みるのですが、全然もどりません。
無理やり力任せでやるのですが、通じず、胃の重さとそけい部のさらなる痛みと重なって、ますます苦しくなるばっかりでした・・・。

苦しみから解放されたのは、夜中の3時半くらいでしょうか。
7〜8回目くらいのトイレで、ダメ元で押し上げてみたら、 ぐにゅるるぅぅ という奇妙な感覚と共に、内臓が動いたような感覚がしました。
同時に、そけい部の膨らみと痛みはなくなりましたが、これがこのまま続くとなると、不安で仕方がなかったです。
いつ、病院に行こうか?と真剣に考え始めたころでした。

おかしいな?と思い始めて

脱腸を調べまくって 2009年4月同じく上旬頃

こんにちは、脱腸35歳です。

脱腸そけいヘルニアについて、いろいろネットで調べまくったのもこの時期です。

ヘルニアというと、どうしても椎間板ヘルニアが有名で、「腰の病気か?」と思ってしまいますが、ヘルニアとは、「飛び出す」とか「はみ出る」という意味らしい。
つまり、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
そけいヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腸の一部が足の付け根の皮膚の下に出てくる病気とのこと。
どうやら、下腹部から足の付け根(そけい部)の組織が脆弱になり、その部分から腸が袋状に飛び出るらしい。
そのまま、いろいろなサイトを読み進め、脱腸そけいヘルニア が手術以外では治療できないことを知ります。

手術! いくら良性の病気とはいえ、手術は怖いなぁ、と経験のない私は腰が引け気味です。
いろんな病院が様々な内容の情報を発信しているので、さらに読んでいくと・・・
病状の進行状況や、術式、入院期間など、いろんなパターンがあるようです。
中には日帰り手術という病院もあり、自宅近所の外科でそれをやっているようです。
まず、診察するならここやな・・・と思いました。

しかし、まだそんなに症状が進行しているわけでもなく、危機感はありませんでした。

1 2 >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。